海外の病院にかかったエピソード

海外の病院にかかったエピソード

6年ほど前、台湾を旅行した時、地元で人気の屋台で晩御飯を食べました

海外の病院にかかったエピソード
33歳 : 女性の話
6年ほど前、台湾を旅行した時、地元で人気の屋台で晩御飯を食べました。

新鮮な魚介類を使った中華料理が美味しいと、ガイドブックに載っていたので、ホタテやエビ、イカなどを使った料理をいっぱい注文しました。
その中の何かにあたったのかもしれません。夜中に急に腹痛がして、とんでもない下痢状態になりました。
まさかそんな事になるとは思って無かったので、薬も持っていなくて、とりあえずホテルのフロントに聞いて、下痢止めを分けてもらいました。

それを飲んでみたけど、全く下痢が収まる気配も無く、今度は嘔吐も激しくなり、ますます酷くなっていく状態でした。
ホテルの人も心配してくれて、漢方薬とか毛布とかミネラルウォーターとか色々と持ってきてくれましたが、全然よくならず、これはかなりヤバイ状況かもと思い、遂に救急車を呼ぶことになりました。
病院に担ぎ込まれた時には、かなりの脱水症状だったようです。
台湾語は全く分かりませんでしたが、それでも私の様子や身振り手振りから、色々と治療をしてくれたみたいです。

病室で点滴を受けながら、一晩入院する事になりましたが、翌日のお昼頃には下痢もおさまり、脱水症状も無くなり、タクシーでホテルに戻ることができました。
意外と軽く済んでラッキーだったのかもしれません。

関連サイト

Copyright 2017 海外の病院にかかったエピソード All Rights Reserved.