海外の病院にかかったエピソード

海外の病院にかかったエピソード

今から20年ほど前、友人と韓国の済州島に旅行した時のことです

海外の病院にかかったエピソード
47歳 : 男性の話
今から20年ほど前、友人と韓国の済州島に旅行した時のことです。

済州島の海で泳いでいたら、突然友人がお腹を痛いと言い出したのです。
ホテルに戻ってしばらく寝ていても痛みは増すばかりだったので、ホテルの人に日本語が分かる病院に連れて行ってもらったのです。
すると、盲腸から腹膜炎を起こしていることが分かり、緊急手術が必要となったのでした。

突然のことに、友人も私もどうしたら良いかわからず、かなり迷いましたが、日本語の分かる医師がこのままだったら死んでしまうと言うので、緊急手術に踏み切ったのでした。
手術は無事に成功し、一週間ほどで退院することができました。
この時本当に有難かったのは、ホテルの方の対応でした。
ホテルの方が病院の手配をしてくれなかったら、どうなっていたか分かりません。
また、日本語を話せる医師がいる病院があったことも、幸いでした。
海外で病院にかかる人は少なくありませんので、最低限保険には加入しておいた方が安心です。

関連サイト

Copyright 2017 海外の病院にかかったエピソード All Rights Reserved.