海外の病院にかかったエピソード

海外の病院にかかったエピソード

もう10年くらい前になりますが

海外の病院にかかったエピソード
37歳 : 女性の話
もう10年くらい前になりますが、オーストラリアに1年ほど滞在していました。

その時に急な下痢に襲われて、シドニーにある病院にお世話になりました。
海外旅行保険に加入していたので、その保険の規約が書いてある冊子を参考に、病院を選びました。
そのため、日本語の話せる医師に、問診してもらう事ができました。

急性胃腸炎と診断されて、食事で気を付ける事や、薬の効能、飲み方など丁寧に説明してもらい、馴れない場所で体調を崩し、とても不安だった気持ちも解消されました。
海外旅行保険のお陰で、キャッシュレスで診察でき、薬までもらえて助かりました。
実費だったら、飛行機代くらいになっていたかもしれません。
病院に行った翌々日に、TOEICの試験を控えていたのですが、当日は処方された薬が効いて、無事に受験する事ができました。
胃腸炎にならなければ、TOEICの点数も、もっと良かったのでしょうが、試験を終えてホッとしたのを、まるで昨日の事のように覚えています。

関連サイト

Copyright 2017 海外の病院にかかったエピソード All Rights Reserved.