海外の病院にかかったエピソード

海外の病院にかかったエピソード

夫の仕事の関係で

海外の病院にかかったエピソード
43歳 : 女性の話
夫の仕事の関係で、オーストラリアに住んでいたことがあるため、オーストラリアでは何度か病院にかかったことがあります。
ケアンズだったのですが、ケアンズは日本人観光客が多いということもあり、海外旅行保険に加入していれば、提携している病院は日本人の通訳をつけてもらい、無料で病院へかかることができました。

しかし、日本と違うことは、最初から専門医にかかることはできず、「GP」と呼ばれる日本で言う診療所のようなところへかかる必要があります。そこで紹介状を書いてもらい、初めて耳鼻科などの専門医にかかることができるというわけです。
すぐに専門医にかかることが出来る日本と違い、なかなか専門医にかかることが出来ないということは、非常にストレスでした。

特に子どもの病気などで緊急性を要する際には、専門医にすぐに診察してもらえる日本の医療の有難さを、ひしひしと実感したものです。

GPの医師は、色々な病気や怪我を診なければいけないわけですが、その分知識が広く浅い状態であるということは否めません。

関連サイト

Copyright 2017 海外の病院にかかったエピソード All Rights Reserved.