海外の病院にかかったエピソード

海外の病院にかかったエピソード

私の知人で、アメリカに数ヶ月滞在していた人がいます

海外の病院にかかったエピソード
47歳 : 女性の話
私の知人で、アメリカに数ヶ月滞在していた人がいます。
アメリカでは、日本のような国民皆に対する保険がないので、いざという時のために日本で保険に入っていたそうです。
掛け捨ての保険ですから、無駄になってくれるのが一番良いのですが、なんとも運の悪いことに、子供が深夜に発熱と嘔吐を繰り返し、病院に搬送されることになったのだそうです。

点滴を受けて、病院のベッドで少し休んだ後に帰宅し、具合も良くなってやれやれと思っていたところに、病院からの請求が来てビックリ。日本だったら無料である救急車の費用、保険が適用されてとても安い点滴、診察の費用が、アメリカではなんと数十万円の出費になったそうです。
これで保険にも入っていなかったら、これらが全部自己負担になるところ、冷や汗をかいたと話してくれました。

日本の保険制度がいかに有難いものなのか、こういう話を聞くと骨身にしみる思いがします。日本人で良かったです。

関連サイト

Copyright 2017 海外の病院にかかったエピソード All Rights Reserved.