海外の病院にかかったエピソード

海外の病院にかかったエピソード

グアム旅行に行った時、痛いトラブルに見舞われました

海外の病院にかかったエピソード
33歳 : 女性の話
グアム旅行に行った時、痛いトラブルに見舞われました。

グアムと言えばマリンスポーツです。
シュノーケリングやバナナボートに乗ったりして楽しんでいたのですが、海の中で何かにチクッと刺されてしまったのです。
浜辺に上がって足の裏を見たら、赤く小さな点が出来ていました。
その時は、別に何とも無かったので、針金でも踏んだのかなと思っていました。

でも時間が経つと、どんどんヒリヒリしてきて痛みが増し、腫れもひどくなって来ました。
ホテルに帰る頃には、足首が無くなるくらい足全体が真っ赤に腫れていました。

慌ててフロントの人に事情を説明したら、タクシーを呼んでくれて、近くの病院に行くように言われました。
私は英語が話せないし、痛いって英語でなんて言うのだろうと考えながら、病院に入って行きました。
診察室に入ると、そこにはアジア系の男性の医師が座っていました。
私の足を見て「痛そうですね」と言うのです。
なんとグアムなのに、日本人の先生が居たのです。
優しい言葉遣いと笑顔で治療してくれたので、痛みと言葉の壁の緊張が、一気に崩れ、安堵感からウルウル来てしまいました。

処方された薬を飲んだら、次の日には痛みがなくなっていて、腫れもかなり引いていました。

関連サイト

Copyright 2017 海外の病院にかかったエピソード All Rights Reserved.